お知らせ

お知らせ一覧

 平成28年8月30日に岩手県太平洋沿岸部に上陸した台風10号により、岩手県内では岩泉町をはじめ5市4町3村で死傷者等の人的被害、家屋の流失、床上浸水・床下浸水等の被害が発生、災害救助法が適用されました。

 岩手県では、この災害による被災者を支援することを目的に義援金の募集を行います。

 

・募集期間(延長されました) 平成28年9月5日(月)~平成29年3月31日(日)まで

 

岩手県共同募金会HP http://www.akaihane-iwate.or.jp/

前のページへもどる

 昭和22年に「国民たすけあい運動」として始まった赤い羽根共同募金運動は、皆様のご理解とあたたかい心に支えられ70周年を迎えます。お寄せいただいた寄付金は、県民の皆様が安心して暮らしていくために役立てられています。

 共同募金運動をより一層活性化するため、歴代の共同募金ポスター・70年のあゆみ・ありがとうメッセージ等のパネル展示や、共同募金運動70周年記念事業としてポスター標語コンクールを実施し、その中から選ばれました優秀作品を展示する赤い羽根共同募金運動70年のあゆみ展及びポスター標語コンクール優秀作品展を開催いたします。 

※ポスター標語コンクールについては会場の都合により開催できない場所もあります。

日  程

開催場所

平成28104日~1010

奈良県立図書情報館 2

     1011日~1014

天理市役所

     1016

橿原いきいき祭り(橿原万葉ホール)

     1017日~1021

王寺町地域交流センター

     1024日~1028

田原本町社会福祉協議会

     1031日~117

斑鳩町総合保健福祉会館

     118日~1113

奈良市総合福祉センター

     1115日~1122

五條市立福祉センター

     1124日~1130

総合福祉会館「ゆうゆうセンター」

     121日~125日   

奈良県社会福祉総合センター 1

               12月6日~7日

葛城市ゆうあいステーション

     129日~1213

イオンモール高の原 平安コート

     1221日~1222

イオンモール大和郡山 南小路コート

平成29年1月24日~31日

河合町総合福祉会館「豆山の郷」

前のページへもどる

 平成28101(土)、近鉄奈良駅行基前広場にて、赤い羽根共同募金運動70周年記念オープニングセレモニーを行いました。

 奈良徳島県人会大仏連の皆様による賑やかな阿波踊りで場を盛り上げていただきました。セレモニーでは奈良県知事並びに奈良市長よりご挨拶をいただき、ミス奈良をメッセンジャーに迎え、厚生労働大臣並びに中央共同募金会会長からの「共同募金運動メッセージ」の伝達を行いました。

 ボランティアを代表して、奈良女子高等学校の生徒達から、県民の皆様にむけて「みんなでがんばろう」メッセージを発信していただきました。

 続いて、近畿日本鉄道株式会社様、国際ゾンタ奈良ゾンタクラブ様から、それぞれ奈良県共同募金会、奈良県共同募金会奈良市支会に第一号寄付金をいただきました。

 昨年度に引き続き、プロバスケットボールチーム「バンビシャス奈良」の2016年度ホームゲーム分のメセナシート(奈良自動車学校からの企業招待シート)を、赤い羽根サポーターでもある株式会社バンビシャス奈良を通じて、奈良県共同募金会に贈呈していただきました。

 また、YAMATO超人ナライガーより株式会社明新社様からの寄付金をいただきました。

 式典の最後に、赤い羽根共同募金運動70周年記念事業の1つとして制作していただいた、共同募金運動応援ソング"akaihane"をフォークデュオ「ワライナキ」に披露をしていただきました。

 オープニングセレモニー後、多数の募金ボランティアの方々による街頭募金を実施いたしました。

 

前のページへもどる

 赤い羽根共同募金は、昭和22年に「国民たすけあい共同募金」として始まり、今年70年目を迎えます。

 今年度、近畿6府県の赤い羽根共同募金運動で使用される記念バッジデザインが、335点の応募作品の中から奈良女子高等学校在学中の、森本 帆南さんの作品に決定しました。

 毎年10月1日から実施する共同募金運動において使用するバッジデザイン募集を近畿6府県(滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県)共同募金会で、平成16年度より実施しておりますが、昨年度に引続き2年連続で、奈良女子高等学校の生徒の作品が選ばれました。

 採用されたデザインによって作成される記念バッジは、今年の共同募金運動期間中に、共同募金に協力いただいた方へのお礼として、また共同募金をPRするためなどに70年記念バッジとして近畿6府県内で広く活用されます。

前のページへもどる

 被災した地域では、政府・自治体、災害ボランティアセンター、ボランティアグループ、NPO、そして多くのボランティアにより救援や復旧・復興のための支援活動が行われています。今後、その活動は長期化し、活動に要する費用は多額にのぼると考えられます。 

 こうした状況を受けて、赤い羽根の中央共同募金会は、「平成28年度熊本地震」の被災地等で活動するボランティアグループ・NPO等に対し、資金面で支援するため、『赤い羽根「災害ボランティア・NPO活動サポート募金・九州」の募金を実施しておりますが、それを財源に助成事業を実施されます。

詳しくは、中央共同募金会HPをご覧下さい。

http://www.akaihane.or.jp/topics/detail/id/409/

 

前のページへもどる

  1. <
  2. 1
  3. 2
  4. 3
  5. 4
  6. 5
  7. 6
  8. 7
  9. >