お知らせ

お知らせ

 中央共同募金会で、平成28年度より「赤い羽根福祉基金」を設立、全国でさまざまな社会課題の解決に向けた取り組みを支援されています。

 基金では、既存の制度・施策では対応できない全国に共通する生活課題や福祉課題を取り上げ、他機関と連携・協働しながら必要な活動や人材、ネットワークなどの社会資源を創り出すことをめざしています。

 このたび、平成31年度助成応募要項により、12月21日より助成募集が行われていますので、お知らせいたします。

 

  応募期間は平成30年12月21日~平成31年1月21日まで

  詳しくは、中央共同募金会HPをご覧下さい。https://www.akaihane.or.jp/kikin/

 

 

 

前のページへもどる

  「平成30年度 NHK末たすけあい」 

   目標額:8,000,000円       

 今年で68回目を迎えます「平成30年度NHK歳末たすけあい」が12月1日から始まりした。 NHK歳末たすけあいへの寄付金は、県内各地で取組まれる障害者への就労支援、作業所等の改修工事・備品整備等助成、認可外保育施設の遊具等設置費助成、児童虐待をはじめ、ニート、ひきこもり、不登校の増加等による社会的課題を解決するための子ども・青少年育成支援、災害に備えるための災害等準備金積立等、幅広い役割を担っています。今年度も、地域福祉のニーズに沿った助成を行い、より一層地域福祉の推進に寄与できますよう、皆様のご支援・ご協力をお願い申し上げます。

寄付金振込先(手数料免除) 口座記号番号:00980-6-300 

                                     加入者名:社会福祉法人奈良県共同募金会

                通信欄に「NHK歳末たすけあい」と記入してください。

前のページへもどる

 平成30101()、近鉄奈良駅前行基広場にて、赤い羽根共同募金運動オープニングセレモニーを行いました。

 奈良徳島県人会“大仏連”の皆様による賑やかな阿波踊りで場を盛り上げていただきました。

 セレモニーでは奈良県知事並びに奈良市長よりご挨拶をいただき、ミス奈良をメッセンジャーに迎え、厚生労働大臣並びに中央共同募金会会長からの「共同募金運動メッセージ」の伝達が行われました。

学生ボランティアを代表して、県立奈良西養護学校の学生から、県民の皆様にむけて「みんなでがんばろう」メッセージを発信していただきました。

 続いて、株式会社ジェイテクト奈良工場が共同募金運動奉仕功労団体として知事表彰を受けられました。

 近畿日本鉄道株式会社、国際ゾンタ奈良ゾンタクラブからは、それぞれ奈良県共同募金会、奈良市共同募金委員会に第一号寄付金をいただきました。

 昨年度に引き続き、プロバスケットボールチーム「バンビシャス奈良」の2018年度ホームゲーム分のメセナシート(奈良自動車学校からの企業招待シート)を、赤い羽根サポーターでもある株式会社バンビシャス奈良を通じて、奈良県共同募金会に贈呈していただきました。

 また、YAMATO超人ナライガーより株式会社明新社からの寄付金をいただきました。

 オープニングセレモニー終了後、多数の募金ボランティアの方々による街頭募金を実施いたしました。

前のページへもどる

 昨年来、共同募金運動70周年記念事業を展開していますが、その事業の一環として、運動にご尽力いただいている関係者の皆様への感謝の気持ちと、さらなる運動の重要性の周知を図ることを目的に、平成29828日、社会福祉総合センターにて「"akaihane"共同募金運動70年感謝の集い」を開催いたしました。

 1階の展示コーナーでは、「共同募金70年のあゆみ展」のパネル展示をし、6階大ホールにて、「共同募金運動の新たな展開」として、地域福祉が専門の天理大学 渡辺一城教授と人工知能(AI)を研究する東京都市大学の大谷紀子教授とで、パネルディスカッションが行なわれました。

 渡辺教授からは、「共同募金運動70年の振り返りや、これからの共同募金について」を、大谷教授からは、AIを使ってフォークソングデュオ「ワライナキ」と共同で作曲した共同募金応援ソング「akaihane」の誕生秘話について紹介していただきました。

 パネルディスカッションに引き続き、フォークソングデュオ「ワライナキ」による、共同募金応援ソング「akaihane」を中心としたコンサートで、会場は盛り上がりました。

 6階ロビーでは、共同募金の助成を受けた団体が、来場者に「ありがとうメッセージ」をPRしながら、それぞれ授産品の物品販売を行いました。

前のページへもどる

  1. <
  2. 1
  3. 2
  4. 3
  5. 4
  6. 5
  7. >