助成を受けたい

助成金情報

助成情報(新型コロナに対する助成)

新型コロナ感染予防のための衛生備品購入事業助成

 新型コロナウイルス感染症への対策が日々変化し、日常生活においては、人と身体的距離をとることによる接触を減らすことなど、「新しい生活様式」が提言される中、地域福祉活動においては今までの対面的な活動やつながり方を見直すなど新たな活動スタイルの試行が始まっている。

 そうした中で、withコロナの社会における草の根の地域福祉活動およびその担い手であるボランティア団体・NPO等の意義は、今後ますます重みを増してくることから、ボランティア団体・NPO等がwithコロナ社会に対応していくために、「新型コロナ感染予防のための衛生備品購入事業助成」を実施する。

 

・助成年度 

 令和2年度 ※助成対象期間:令和2年101日~令和3331

 

・対象団体・事業

 地域福祉活動を行うボランティア団体、認可外保育施設、一般社団法人、特定非営利活動法人が活動するにあたって感染予防のための衛生備品購入事業。

 

・対象経費

 上記3の事業に係る衛生備品購入の費用が対象。

 ()空気清浄機、飛沫防止パーテーション、消毒噴霧器、非接触体温計、フェイスシールド等

 

・対象外経費

 ・補助金などの公的費用や他の助成金が充てられる費用。

 ・助成対象期間外に支出した費用。

 

・助成金額

 1団体あたりの助成額の上限20万円。

 

・助成事業の申請 

 (1)提出書類

    別紙様式1「令和2年度奈良県共同募金助成申請書」

    ① 会則・運営要綱・規則等

    ② 役職員名簿、会員名簿

    ③ 会報・チラシ等

    ④ 前年度の事業報告書、決算書

    ⑤ 当年度の事業報告書、予算書

    ⑥ 見積書・積算根拠等

    ⑦ その他事業に関して参考になる資料

 

 (2)申請受付期間:令和2年727日(月)~831日(月)

    上記の期間の申請状況により、第2次募集をする可能性有り。

 

・助成決定

 申請内容について審査基準を基に審査し、助成決定・非決定については、申請団体宛に通知書を郵送。(9月下旬)

 

・助成決定後の手続き

 本助成事業の決定を受けた者は、本会が定める「事務手引書」(助成決定後、決定者に配布)に基づき、適正な事業の実施と手続きを行うこと。

 なお、助成が決定した場合は、適正な事業実施を行うこと。

 

・その他

 助成事業は、奈良県共同募金会配分委員会において予算の範囲内で審議されるため、申請すれば助成が決定されるとは限らない。 

pdf衛生備品購入助成要領(PDFファイル:98.08KB)

pdf衛生備品購入助成申請書(EXCELファイル:29KB)

pdf助成要綱(PDFファイル:92.89KB)

pdf衛生備品購入助成の審査基準(PDFファイル:62.5KB)

get adobe reader

当サイトで掲載のPDFファイルをご覧になるにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のロゴからダウンロードしてください。

助成情報(新型コロナに対する助成) 関連ページ

前のページへもどる